カメラ

GoProHERO8購入しました。

  1. ホーム >
  2. カメラ >

GoProHERO8購入しました。

動画でいろいろなイベントも記録していきたいなと思い、簡単でかつ綺麗にとれ、かつ気軽に持ち運びができるものはないかなと探している人もいるのではないでしょうか。

私もそういったビデオカメラを探して、ちょくちょく何かいいものはないか、ネット検索やYouTube検索をして探していたら、これはというものが出てきました。

その名も「GoPro」。動画撮影で新しい撮り方がいろいろとでき、しかも楽しそうと思いまして迷わず購入してしまいました。

私の購入したモデルは「GoPro HERO8」。しかもGoProロゴ入り軽量バックパックの付いた初回数量限定BOX。その内容について書いていきたいと思います。

GoProとは

GoProはアメリカの企業でNASDAQに上場している大企業で、「GoPro」は企業名であって、カメラの名前でもあります。

2002年に会社を設立したニック・ウッドマンは、サーフィン旅行でオーストラリアに行った時に自分のサーフィンをうまく撮影したいと思ったが、入手可能なアマチュア用のカメラでは撮影できるものがなかったたため、プロのアングルで撮影できるカメラを実現するために「GoPro」を設立しました。

今では小型でハンズフリーのウェアラブルカメラ(アクションカメラ)の代表的なモデルとなっています。GoProHEROシリーズで有名です。

Instagramで「#goproのある生活」を検索すると150万件以上のGoProユーザーの素晴らしい画像や動画を見ることができます。

日本国内の総代理店はタジマモーターコーポレーションとなっています。

GoProHERO8の実力


 

私はGoProHEROシリーズの最新モデルの「GoProHERO8」を購入しました。

GoProの特徴としては、その小ささ、軽さはもちろんのこと、アクションカメラだけあって手振れがものすごく安定して揺れないことです。

そしてその機能を活かすためのアクセサリーが豊富なことです。アクセサリーは30種類以上に対応していて、純正のものから、それ以外のメーカーが出しているものもあります。

スキー、スノボー、サーフィン、サイクリング、登山、ランニングなど様々な場面で撮影ができるようになっています。

さらに、水深10mまで完全防水でそのままカメラを水に入れても大丈夫です。また、タイムワープ2.0機能で撮影の速度選択ができたり、4Kの高画質撮影にも対応しています。

まさに、ラフに使えてかつ高画質に撮影できる。自分にとっては、このタイプのアイテムが一番好きです。

【GoPro HERO8 初回数量限定BOX】

記録メディア:microSDメモリーカード(Class10またはUHS-I以上)

スマホ接続:Wi-Fi、Bluetooth

寸法:幅66.3×高さ48.6×奥行き28.4mm

質量(バッテリー含む):126g

HDMIポート:HERO8 Black用メディアモジュラーを使用

USBポート:USB-C

セット内容:HERO8 Black 本体、1220mAhリチウムイオンバッテリー、マウント用バックル、粘着性ベースマウント(曲面)、USB-Cケーブル、サムスクリュー、GoProロゴ入り軽量バックパック

使い心地はどう?

楽天市場からの配送が届き、箱から出した印象は、小さくてもしっかりしていて存在感があり、頑丈な印象でした。

ボタンは電源ボタンと録画ボタンの2つしかなくシンプルで、使いやすい。細かい設定は画面のタッチビューで操作します。

試し撮りでいろいろととってみたところ、アクションカメラだけあって広角での撮影が強く、しかも上下左右の揺れもほとんど映像では揺れていません。

初めてアクションカメラを使う者にとっては驚き以上にわくわくしてきます。

さらに、撮影の速度選択ができるタイムワープ機能を使ってみましたがこれがまた楽しい。

よくテレビなどで見る街中の人や車が高速にポイントは動いている映像や、空の雲の動きなどが何倍も高速に動く映像が簡単に撮れてしまいます。

これはアイデア次第でいろいろと面白いものが撮れそうです。

購入価格は?

限定BOXで楽天市場で55,880円(税込)でした。うち楽天ポイントが3,348ポイントつきました。

この性能でこの価格であれば、お買い得だと思います。

実際GoProユーザーには、2~3台持ちの人も結構います。

まとめ

まだ、購入してから1か月程で、いろいろと試している段階ですが、このカメラは撮影する場面やInstagram等のSNSへの投稿への活用など、使い方次第でいくらでもその能力を引き出していくことができます。

これから腕を磨いていきたいと思います。

GoProアプリの使い方をマスターして動画撮影からベストショットを逃さない方法

 

-カメラ